お金を借りられる場所

お金を借りる際に、貸してくれる場所、というとどういう所があるでしょうか。 一般的に金利と借りやすさは反比例する法則があります。

金利が低いところは審査が厳しく、金利が高い所は審査が優しい、という法則です。 また、審査が厳しい所はやはりそれなりに時間がかかりますので、今すぐお金が必要だ、という場合には向きません。 審査が厳しい所はそういった、今すぐお金が必要だ、という方は相手にしていないようです。

金利と審査

金利の低い所からと言うと、まずは銀行でしょうか。 銀行、信用金庫、農協や漁協と言ったところは審査が厳しく、取引実績の無い方には貸さないこともあります。 また、プランを用意している所が多いのですが、そのプランを利用する場合は借りたお金の使い道が限定されます。

次にカード系のローン、クレジット系のローンです。 銀行での審査は落ちるががそれなりに信用や実績のある方に向けての融資です。

その次が消費者金融です。 審査が緩く、即日借りることができるため、利用者も多く、それが消費者金融が大きくなった原因であると思います。

金融機関とは違いますが、質屋というものもあります。 今の若い方はあまり馴染みが無いかもしれませんが、システムとしては鎌倉時代から存在しており、今でも多くの店舗が営業しています。 システムとしては、何かを持っていくと、それを担保に現金を貸してくれる、と言った仕組みです。 一定期間以内にお金を返さなければ、持って行った物が質屋さんの物になります。

お金を借りることができる場所は銀行や信用金庫、ローンや消費者金融など様々あります。それぞれのメリットやデメリットを確認して、ご自身に合った場所を選ぶようにしましょう。